三協調査設計


3D点群データ

3D測量

出来形計測や現況測量、構造物の計測など、あらゆる現場で使用が可能な地上型レーザスキャナを用いて測量することで

上記の動画のような立体的な成果を作成できるような時代となりました。

また、精度を保ちながら早く安全にくまなく計測できる3D測量によって、様々な計画への対応が可能となりました。




使用機器

TRIMBLE TX-8

三協調査設計

● 100万点/秒の超高速スキャニングスピード

● 標準モードでの距離ノイズ 2mm

● 距離ノイズ 1mm で計測可能なHigh Presisionモード

● 340mのミドルレンジに対応

● 水平360° × 鉛直317° の広いスキャン範囲

● HDRカメラ内蔵により、点群のカラーリングも容易

TRIMBLE GX200+

三協調査設計

● 観測距離 3m〜200m(最大350m)

● 測定精度 通常:6.5mm 最大:10mm程度(200m計測時)

● ビーム拡散幅 3mm/50M先

● スキャニング・スピード 1000pt/s〜最高5,000pt/s

● レベル(水平)観測時は自動チルト補正

作業工程

@選点・設置

選点した箇所に基準点・標定点を設置し、座標を作成します。

三協調査設計三協調査設計
























A計測開始

3Dレーザースキャナーで測量を行います。

三協調査設計三協調査設計
























B合成

それぞれの測量データ―に座標を読み込み、合成していきます。

三協調査設計三協調査設計


































C点群処理

不要な点群を処理し、平面図・縦横断面図や土量計算等、必要な図面を作成していきます。

三協調査設計三協調査設計
























活用事例

一般測量

縦横断や現況調査等、一般測量へ利用できます。

道路の測量では、車道に入らずに測量が出来るので、

交通規制・ガードマンを設けず、容易に行えます。

三協調査設計

地形測量

鉱山・採石場での地形測量において壁面のような

作業員が立ち入れない箇所の調査も安全に行えます。

 

三協調査設計

出来形計測 (i-Construction適用)

測量から設計、施工まで国土交通省の推し進める

ICT施策を建設現場に導入することによって、

建設生産システム全体の生産性向上を図れます。

三協調査設計

土量計算

不要土搬出の為の土量計算等、土木工事において

必要な情報を計測できます。

 

三協調査設計

災害調査

災害時の緊急的な交通ライフラインの復興において

三次元での調査はとても有効的です。

現況調査に加え、今後の対策・設計、施工の計画まで

様々に活用できます。

土砂災害

三協調査設計

三協調査設計

三協調査設計

土砂災害によって道路の寸断が起き

架設道路の計画を立てました。

三協調査設計

三協調査設計

三協調査設計




水害対策

三協調査設計

三協調査設計

豪雨によって水位が上昇し

吊り橋の再計画をしました。

三協調査設計

三協調査設計

Information

国が推し進めるi-Constructionを導入することで

生産性向上・工期短縮が図れます。

計測環境・条件等によってUAVを組み合わせて補完することもできます。

興味をお持ち頂きましたら、当社担当が説明に伺いますので、是非ご連絡ください。









PAGE TOP